鷹野隆大

GALLERY at lammfromm 鷹野隆大 トップページ

鷹野隆大が写す、匂いたつ男性ヌード

2009年の秋、ラムフロム東京のギャラリースペース、GALLERY at lammfrommでの2度目の個展『男の乗り方』を開催した写真家、鷹野隆大(たかのりゅうだい)。好評のうちに終了した展覧会で、会場を飾った作品の一部をオンラインギャラリーでご紹介しています。

2006年に写真集『IN MY ROOM』で第31回木村伊兵衛写真賞を受賞した鷹野隆大は、主に男性のヌード写真を通して、ジェンダーやセクシュアリティを問い、他者との関係性を問い直すような作品を発表し、注目を集めてきました。2005年より取り組んでいる作品シリーズ「男の乗り方」。なんと大胆なこのタイトルにドキっとした方、実際に作品を見てください!脱皮した肌のまぶしさ、モデルの息づかい、かすかに立ち上る匂い。長時間モデルと向き合い、注意深く、写真をとり続けてきたからこその「色気」を感じる作品の数々は圧巻です。

鷹野隆大(たかのりゅうだい/Ryudai Takano) アーティストプロフィール

経歴
  1. 1963年 福井県生まれ
  2. 1987年 早稲田大学政治経済学部卒業
主な受賞暦
  1. 2006年 第31回木村伊兵衛写真賞受賞
主な個展
  1. 2000年 「ヨコたわるラフ」ツァイト・フォト・サロン(東京)
  2. 2005年 「Common Sense」ツァイト・フォト・サロン(東京)
  3. 2006年 「In My Room」ナディッフ(東京)、「男の乗り方」ツァイト・フォト・サロン(東京)
  4. 2006年 「毎日写真」GALLERY at lammfromm(東京)
  5. 2008年 「ぱらぱら」ツァイト・フォト・サロン(東京)
  6. 2009年 「おれと」ナディッフ(東京)、「花々し」新宿高島屋10階美術画廊(東京)、「アーリーモノクローム」日本橋高島屋6階美術画廊X(東京)、「男の乗り方」GALLERY at lammfromm (東京)
  7. 2010年 ※5月開催予定「それでも、ワールドカップ」東塔堂(東京)
主なグループ展
  1. 2000年 「VOCA展2000」上野の森美術館、「手探りのキッス 日本の現代写真」東京都写真美術館など
  2. 2004年 「日常の変貌」群馬県立近代美術館
  3. 2008年 「液晶絵画 スティル|モーション」 東京都写真美術館(東京 他)、「PARIS PHOTO 2008」カルーセル・ドゥ・ルーブル(パリ)
  4. 2009年 高松次郎|鷹野隆大「“写真の写真”と写真」 太宰府天満宮宝物殿(福岡)、「中国現代美術との出会い ―日中当代芸術にみる21世紀的未来」栃木県立美術館(栃木)

作品一覧

おすすめの作品 - 国内アーティスト

メールニュース購読申込
ラムフロムの最新情報からアートのこぼれ話まで情報満載でお送りしております。メールアドレスを入力し「登録する」をクリックしてください。

SSL

ホーム » 国内アーティスト » 鷹野隆大   

lammfromm The Concept Store