ヤノベケンジ

GALLERY at lammfromm ヤノベケンジ トップページ

あなたのココロをそっと照らす小さな太陽、ヤノベケンジのリトグラフをお部屋に飾りませんか?

現代アーティスト、ヤノベケンジが10年の歳月をかけてまとめあげた初の絵本『トらやんの大冒険』。 そのワンシーンのリトグラフは、作家自身が手彩色を施した、とてもあたたかな雰囲気の作品です。モノトーンの絵本とはまた違った印象を与えてくれます。
1997年にヤノベケンジがチェルノブイリを訪れた際、廃墟の保育園で目にした人形と太陽の絵をモチーフに制作されたこのストーリー。原発事故のあった地で出会った数々の忘れられない光景。その圧倒的な現実に触れた経験がその後の作品に強く現れていると語っています。未来の子供たちにもぜひとも伝えたい絵本から生まれたリトグラフは、贈り物としても最適です。

ヤノベケンジ(Kenji Yanobe) アーティストプロフィール

経歴
  1. 1965年 大阪府生まれ
  2. 1989年 京都市立芸術大学美術学部彫刻専攻卒業
  3. 1991年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
主な個展
  1. 1990年 「個展」アートスペース虹(京都)
  2. 1991年 「ヤノベケンジの奇妙な生活」キリンプラザ大阪(大阪)
  3. 1992年 「妄想砦のヤノベケンジ」水戸芸術館(茨城)
  4. 1994年 「個展」アートスペース虹(京都)
  5. 1995年 「個展」ギャラリー・エマニュエル・ペロタン(パリ)
  6. 1997年 「Survival System Train and Other Sculpture by Kenji Yanobe」センター・フォー・ジ・アーツ・イェルバ・ブエナ・ガーデンズ(サンフランシスコ)、ユニヴァーシティ・アート・ミュージアム(サンタバーバラ)、CAN ヌーシャテル・アート・センター(ヌーシャテル、フランス)、アルス・フュートゥラ(チューリッヒ)
  7. 1998年 「個展」センター・オン・コンテンポラリー・アート(シアトル)、「ルナ・プロジェクト - 史上最後の遊園地」キリンアートスペース(東京)、三菱地所アルティアム(福岡)、「史上最後の映画館」レントゲンクンストラウム(東京)、「ルナ・プロジェクト - アンダー・ザ・ホライゾン」キリンプラザ大阪(大阪)
  8. 2003年 「MEGALOMANIA」国立国際美術館(大阪)
  9. 2005年 「KINDERGARTEN キンダガルテン」豊田市美術館(豊田)
  10. 2007年 「トらやんの世界」霧島アートの森(鹿児島)
主なグループ展
  1. 1990年 「キリンプラザ大阪コンテンポラリー・アワード'90受賞作品展」キリンプラザ大阪(大阪)
  2. 1992年 「Anomaly」レントゲン藝術研究所(東京)、「アートナウ '92」兵庫県立近代美術館(神戸)
  3. 1993年 「2nd北九州ビエンナーレ クロノスの仮面」北九州市立美術館(福岡)、「アートラビリンス」岡山県立美術館(岡山)
  4. 1996年 「Art embodied」マルセイユ現代美術館(マルセイユ)、「ひかる・うごく・おとがする」和歌山県立近代美術館(和歌山)、「Japan today」ルイジアナ近代美術館(コペンハーゲン)
  5. 1998年 「どないやねん!:現代日本の想像力」フランス国立高等美術学校(パリ)、「テクノセラピー」大阪中央公会堂(大阪)、「共生する/進化するロボット」NTTインターコミュニケーションセンター(東京)
  6. 1999年 「日本ゼロ年」水戸芸術館(茨城)
  7. 2000年 「ギフト・オブ・ホープ」東京都現代美術館(東京)
  8. 2001年 「ex-展」SHISEIDO GALLERY(東京)
  9. 2002年 「EXPOSE 2002 夢の彼方へ」キリンプラザ大阪(大阪)
  10. 2005年 「リトルボーイ 爆発する日本のサブカルチャー・アート」ジャパン・ソサエティー(ニューヨーク)
ヤノベケンジのアートグッズはこちらから
lammfromm The Concept Store ヤノベケンジ トップページへ

おすすめの作品 - 国内アーティスト

ホーム » 国内アーティスト » ヤノベケンジ   

lammfromm Toys