青島千穂

GALLERY at lammfromm 青島千穂 トップページ

異世界を描くアーティスト、青島千穂のエディションポスター

村上隆率いるKaikai Kiki所属の若手人気アーティスト、青島千穂(あおしまちほ)は、幽霊・爬虫類・骸骨といったユニークなモチーフのほか、少女や植物、ビル群などを色鮮やかに描き出し、いわゆる「あちら側の世界」を表現するアーティストとして、注目を集めています。あちら側・・・っていったい?と思われた方、彼女がべジェ曲線によって描く独特の世界を色鮮やかに再現したエディションポスターをぜひご覧ください!妖艶な少女や異世界の生き物たちによる青島ワールドは、一度見たら、やみつきです。

青島千穂(あおしまちほ/Chiho Aoshima) アーティストプロフィール

経歴
  1. 1974年 東京生まれ
  2. 1995年 法政大学経済学部卒業
主な個展
  1. 2002年 ブラム&ポー画廊(サンタモニカ)
  2. 2003年 エマニュエル・ペロタン画廊(パリ)、イッセイ・ミヤケのために滝沢直己とのコラボレーション(東京)
  3. 2005年 「爬虫類の繁栄を夢みて睡眠」ブラム&ポー画廊(サンタモニカ)、ユニオンスクエア駅の展示、パブリック・アート・ファンドとジャパンソサエティ(ニューヨーク)
  4. 2006年 「Artpace」レジデンシープログラム(サン・アントニオ)、新館のオープン、ボストン現代美術機関(ICA)(ボストン)、グラウスターロード駅の展示、プラットフォームフォーアート(ロンドン)、「Chiho Aoshima」リヨン現代美術館(リヨン)
  5. 2007年 エマニュエル・ペロタン・ギャラリー(パリ)
  6. 2008年 Fundacio Joan Miro(バルセロナ)
  7. 2009年 「Pretty is as Pretty Does」SITE Santa Fe(サンタフェ)
主なグループ展
  1. 2006年 「晩餐会:感覚のためのご馳走」Pacific Art Museum(パサデナ)、ミズホ・オオシロ・ギャラリー(鹿児島)、「Human Land」Palais des Beaux-Arts de Lille(フランス)、ウォーカーアートセンター(ミネアポリス)、「ベルリン・東京、東京・ベルリン」Neue Nationalgalerie(ベルリン)、スタークワイトギャラリー(オークランド);デュネダン・ギャラリー(デュネダン)、「Painting Codes」Galleria Comunale d' Arte Contemporanea(ローマ)、「ll Diavolo del Focolare(家庭の悪魔)」Plazzo della Triennale(ミラノ)、「See Into Liquid」デンバー現代美術館(コロラド州デンバー)
  2. 2007年 「6th Mercosur Biennial」(ブラジル:ポルトアレグレ)、「Red Hot: Contemporary Asian Art Rising」ヒューストン近代美術館(テキサス州ヒューストン)、「Disorder in the House」 Vanhaerents Art Collection(ベルギー:ブリュッセル)、「MCA Exposed: Defining Moments in Photography, 1967-2007」 シカゴ近代美術館(シカゴ)、「Like Color in Pictures」 アスペン美術館(コロラド州アスペン)
  3. 2008年 「Psychedelic: Optical and Visionary Art since the 1960's」サンアントニオ美術館(テキサス州サンアントニオ)、「Krazy! Delirious World of Anime + Comics + Video Games + Art」バンクーバー・アートギャラリー(バンクーバー)、「Re-Imagining Asia," Haus der Kulturen der Welt:The House of World Cultures (HKW),」(ベルリン)、「Kaikai Kiki Artists」カイカイキキギャラリー(東京)、「The Cinema Effect: Illusion, Reality, and the Moving Image」 Smithsonian Institution, Hirshhorn Museum and Sculpture Garden(ワシントンDC)
  4. 2004年 エマニュエル・ペロタン画廊(マイアミ)、「Mysterious(不思議)」パルム・ビーチ現代美術財団(パルム・ビーチ)、「54周年カーネギー・インターナショナル」カーネギー美術館(ピッツバーグ)、「T-Junction」エマニュエル・ペロタン画廊(パリ)、「虚擬的愛 當代新異術」台北現代美術館(台北) 「えぇじゃないか!未来!」ランバートコレクション(アヴィニョン)、「Art Unlimited」バーゼル・アートフェア(バーゼル)、「Lonely Planet (孤独な惑星)」水戸美術館(茨城)、「東京ガールズブラボー」マリアン・ボースキー画廊(ニューヨーク)、「青島千穂・Mr.タカノ綾」エマニュエル・ペロタン画廊(ニューヨーク・LFL画廊にて)
  5. 2003年 「希望/Hope―未来は僕等の手の中」ラフォーレ・ミュージアム原宿(東京)、「For the Record: Drawing Contemporary Life(記録用に、現代生活を描く)」バンクーバー美術館(バンクーバー)、「The Mythical Being of Desire(欲望という神話的な存在)」グラス・カーテン画廊(シカゴ)、「Macromatrix」カリフォルニア大学バークレー(バークレー)、「SAM Collects(SAM回収)」シアトル美術館(シアトル)
  6. 2002年 「東京ガールズ・ブラボー2」NADiff(東京)、「青島千穂・タカノ綾・ Mr.・ 村上隆」エマニュエル・ペロタン画廊(パリ)、「ぬりえ展」現代美術カルティエ財団(パリ)、「リバプール・バイエニアル2002年」テート・リバプール(リバプール)、2001「Superflat」ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス); ウォーカー・アート・センター(ミネアポリス); ヘンリー・アート画廊(シアトル)、「妖怪フェスティバル」東京都現代美術館
  7. 2000年 「SUPER FLAT」渋谷パルコギャラリー(東京),名古屋パルコギャラリー(名古屋)
青島千穂のアートグッズはこちらから
lammfromm The Concept Store 青島千穂 トップページへ

作品一覧

おすすめの作品 - 国内アーティスト

ホーム » 国内アーティスト » 青島千穂   

lammfromm Toys